赤ちゃんの発熱についてよく理解しましょう!

熱が出てもあわてないで!

赤ちゃん

大事な赤ちゃんが熱を出している!
思わず重大な病気なのかも!とあせってしまいますよね。
お気持ちわかります。
でも、まずは一呼吸おいて、落ち着きましょう。
親があわてても、悪い影響はあってもいいことは何もありません。

赤ちゃんは新陳代謝が活発で体が多量の熱を作り出しているため、もともと平熱が高め。
部屋の暖房が効きすぎていたり、厚着をしていたり、体を動かして遊んだ後や入浴後などは、いっそう体温が高くなります。
だから、多少熱が平熱より高くても、全く健康なことも多いのです。
大事なのは、熱が多少高い場合に、赤ちゃんの様子がどうなのかです。
もし赤ちゃんがぐったりしていたり、呼吸が早かったり、ひきつけを起こしていたりした場合は、病気の可能性が大。病院に連れて行くべきでしょう。
ですが、多少の熱があっても赤ちゃんが元気でいつもと変わらない様子であれば、あわてずに様子を見守っていたほうがよさそうです。

赤ちゃんの平熱をあらかじめ把握しておきましょう。

このように、赤ちゃんはもともとが熱が大人より高めなので、多少体温計の値が高くてもあわてる必要はないのです。
むしろ大事なのは、「赤ちゃんの平熱と比べてどのぐらい高くなっているのか」を知ることです。
そのためには、まずは赤ちゃんの平熱を把握する必要があります。
赤ちゃんの体温を測るのは難しい作業ですが、ぜひあらかじめ行っておいて下さい。

赤ちゃんの体温が平熱より1度以上高い時は要注意

赤ちゃんの体温については、大人の平熱の感覚で高い低いを見るのではなく、赤ちゃん本人の平熱と比べてどうなのか、を見ます。
そして、平熱よりも1度以上高い場合は、なんらかの病気を疑う必要があるかもしれません。
ただし、前にも書いたように、体温計の数字だけであわてるのではなく、赤ちゃんの様子がどうなのかをより重視してみてください。
赤ちゃんの様子が変だと感じたら、まずは落ち着いて、それから病院に連絡をしてみてください。

素人考えで風邪薬をあげるのは危険です!

赤ちゃんが熱っぽくて、どうやら風邪みたい・・・
だから、赤ちゃんに風邪薬を飲ませてみたいんだけど・・・
それはちょっと待って下さい!
赤ちゃんの体はとてもデリケート。お医者さんの許可なしにあまり市販薬を与えるのはよくありません。
それは風邪薬も同じ。
まさか大人用の風邪薬を飲ませているということはないでしょうが、赤ちゃん用と書いてあるものでも、飲ませないほうが無難です。
というのも、赤ちゃんが発熱しているということは、ウイルスや病原菌に対抗するために体内で免疫物質が作られ、さらに発熱物質が血中に出てきているということなわけで、つまり、発熱するのは体が病原体と闘っている証拠なのです。
それをむやみに解熱剤で抑えようとすると、せっかく戦っている発熱物質の働きまで抑えてしまうのです。
赤ちゃんの体温が平熱より1度以上高く、元気もないようであれば、風邪薬よりもまずは病院に行って下さい。

風邪以外に考えられる病気は、こんなにあります!

赤ちゃんが熱を出してるから、それ風邪だ!と思われるかもしれません。
たしかに、赤ちゃんが熱を出している時には、一番最初に考えられるのは風邪です。
いわゆる、感染症による発熱です。
ですが、インフルエンザ等は赤ちゃんがかかると重症化しやすいので、気をつけなければいけません。
また、突然高熱が出る病気として突発性発疹がありますが、これは高熱のわりに機嫌がいいのが1つの特徴です。
溶連菌感染症は、幼児期以降の場合、突然の高熱、のどのはれや痛みで始まります。
高熱のほかに嘔吐、頭痛などがあるときは髄膜炎・脳炎・脳症も疑われるので、大至急、受診が必要です。
せきや鼻水がないのに熱が高い場合は尿路感染症も疑われます。また、そう多い病気ではありませんが、原因不明の高熱がつづくときは川崎病の可能性もないとはいえません。
このように、赤ちゃんの発熱は風邪以外にも多くの病気が疑われます。
だからといって、あまり深刻に考える必要もありません。こうした重大な病気になる可能性は非常に低いのですから、まずはあわてることなく、でもすみやかに、病院に連絡をとって受診して下さい。