赤ちゃんがコンコン、ゴホゴホしている時は

咳の音によって問題ない咳と心配な咳があります

赤ちゃん

大事な赤ちゃんがコンコンしてる!
でも、まあ、赤ちゃんはよく咳をします。
いちばん多いのが、飲み物を飲んだり、食べ物を食べている時。
赤ちゃんはまだうまく飲み込むコツを会得していないので、よく気管にいれてしまってゴホゴホ!としてしまいがち。
これについては、心配するのはバカバカしいですよね。あまりにもしょっちゅうなので。

だけど、特に何も食べたり飲んだりしていないのに、咳をしていると、ちょっと気になります。
もしかして風邪?もしかして変な病気?と疑ったり。
そういう時は、まずは「咳の種類」に注意をはらいましょう。
咳は、その原因によってその音や呼吸のしかたが異なります。たとえば、コンコンという軽い咳が出て、すぐに終わるような場合は、ほとんど心配いらない でしよう。ただし、このような咳がずっと続く場合は注意してください。
また咳の音がゼーゼー、ヒューヒューという苦しそうな咳の場合は、お医者さんに聞いて見る必要があるかもしれません。
もし赤ちゃんがぐったりしていたり、呼吸が早かったり、ひきつけを起こしていたりした場合は、病気の可能性が大。病院に連れて行くべきでしょう。
また、ゴホゴホと大きな音の咳は、すぐに止むようであれば、たんがからんだ可能性が高いです。
いずれにしても、赤ちゃんが苦しそうにしていればお医者さんに相談、赤ちゃんが特に変わりないようであれば、経過を見守る、ということで大丈夫です。

咳は赤ちゃんの体力を消耗させます。咳が続くようであれば病院へ。

一週間以上咳が続いたり、どんどん咳がひどくなったりするときは、気管支炎や肺炎の可能性があるので、すぐに受診してください。
とくに、生まれてまだ1歳に満たない赤ちゃんは、体の免疫機能がまだ未熟なため、簡単に症状が重くなりがち。軽い風邪ぐらいで病院に行くのは気が引ける・・・と思うかもしれませんが、肺炎になってからでは遅いのです。
こじらせる前に病院に行きましょう。

また、一晩中咳が続くと、赤ちゃんは体力を消耗してしまいます。大人でも風邪で咳が続くとしんどいですから、赤ちゃんならなおさらです。
咳のせいで眠れなかったり、食事ができなかったりするときも、赤ちゃんに悪影響を与えますので、重病ではなくても、一度病院に行って相談してみましょう。

赤ちゃんのいる部屋は清潔にしてますか?

赤ちゃんの咳が止まらない!という赤ちゃんを診ても、特に病気などにかかっている様子がない・・・
おかしいなと思って話を詳しく聞いてみると、どうやら部屋のほこりが原因だった!ということも。
あまり神経質になる必要はありませんが、赤ちゃんが過ごす部屋はきれいにしておくのが基本です。
ハウスダストやアレルゲン物質を除去できる空気清浄機があればベストですが、そこまで気を使わないまでも、お掃除はこまめに行いましょう。
時々は窓を開けて空気を入れ替えるのも効果的です。

また、赤ちゃんは空気の乾燥している部屋だと、咳が出やすくなります。
冬場は特に、部屋が乾燥しすぎないように、加湿器などを使って一定の湿度を保つようにしてみてください。
それが難しいようであれば、赤ちゃんにこまめに水分を与えて、喉が乾燥しないように気をつけてあげましょう。
上にも書いたように、咳は赤ちゃんにとって負担となるものです。咳をしやすい赤ちゃんにはできるだけのケアをしてあげましょう。

咳止めを安易に与えるのはやめましょう!

赤ちゃんが咳で苦しそうだと、つい咳止めを・・・と考えてしまうかもしれません。
でも、それはやめておきましょう。
というのも、咳止めは基本的に強い薬の部類に入ります。
特に咳止めに多く使われている「コデイン」という物質は、一種の麻薬として、使用が一部制限されています。
また、メントール系の刺激物も、赤ちゃんにとってはあまり適さないので、できれば使わないでください。
そもそも咳は異物から体を守るための反応なので、薬はむやみに使わないほうがいいのです。
また、赤ちゃんの場合、薬で咳を止めてしまうと、気管支にたんがからみ、呼吸が苦しくなってしまう場合があるので、かえって逆効果になってしまう場合も
とはいえ、咳があまりにも続くようであれば、それを止めて上げる必要があります。
その時には、市販の咳止めを使うのではなく、お医者さんに相談して、適切な対処を取るようにしましょう。