赤ちゃんが風邪かな?と思った時は

赤ちゃんは風邪をひかない!と思っていませんか?

赤ちゃん

ママの胎盤を通して免疫物質を受け取ってきた赤ちゃん。
誕生後は母乳からも免疫物質を受け取ります。
これを「受動免疫」といいます。
ところがこの受動免疫による免疫力はいつまでも続かず、生後6カ月ぐらいでこの生まれたばかりの赤ちゃんが持つ免疫力はほぼ効果を失います。
ここからは赤ちゃん自身の免疫力だけが頼り。
でも、赤ちゃんの免疫力はまだまだ未発達で、菌やウイルスに対する抵抗力がとても低いのです。
そのため、ちょっとしたことで風邪をひいたりします。

また、こうした受動免疫の効力がいつまで続くのかは赤ちゃんによっても違いますし、母乳で育てているかどうかによっても大きく異なってきます。
ですから、生後6ヶ月未満の赤ちゃんが風邪をひいたとしても、それは絶対に有り得ないことではないのです 。

赤ちゃんの熱と咳について、よく知っておきましょう。

このように、赤ちゃんは生まれたばかりでも風邪をひくことはじゅうぶんに考えられます。
まずは固定観念を捨てましょう。
そして、赤ちゃんは病気になると重症化することが多いので、たかが風邪とあなどらずに、お医者さんに連絡しましょう。
その上で、お医者さんの指示に従って、病院に連れて行くか、自宅で看病するか、適切に行動しましょう。

赤ちゃんの風邪についての主なコンテンツ

ここでは、赤ちゃんの風邪について、熱と咳の解説をしています。
熱についても、咳についても、風邪の可能性以外にも考えられるので、注意が必要です。
赤ちゃんの様子が変だと感じたら、まずは落ち着いて、それから病院に連絡をしてみてください。